メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・コンサートを読む

ハーディング指揮のパリ管弦楽団 静かな道を見つける=梅津時比古

撮影=堀田力丸

 東京芸術劇場で行われたダニエル・ハーディング指揮のパリ管弦楽団のコンサートから帰宅し、陶芸作家の吉村利美の作品集を探した。確か冊子の冒頭にあった彼の言葉が気になったからだ。メモのような詩のようなその言葉は、記憶とは少し違う形でのっていた。「仕事場の片隅で」と題された2行。

 現代という藪(やぶ)をかきわけて行くと

この記事は有料記事です。

残り1012文字(全文1169文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  3. 新潟・女児殺害 被告に死刑求刑 新潟地裁

  4. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです