メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

三浦雅士・評 『東欧音楽綺譚』=伊東信宏・著

 (音楽之友社・2484円)

地球大の規模で音楽史眺め直す

 グルジアの音楽学者ジョルダーニアの『人間はなぜ歌うのか?』(アルク出版企画)は、音楽の起源、言語の起源を考えるうえで示唆に富む好著だが、これまでの音楽学への痛烈な批判をも含む。個別研究者は視野が狭く、広い視野に立つべき比較研究者は個別研究をおろそかにしがちだというのだ。

 伊東信宏の『東欧音楽綺譚』はその意味できわめて重要な本である。月刊『レコード芸術』に連載していた時…

この記事は有料記事です。

残り1835文字(全文2049文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 植松被告、接見に「一人で裁判受けたい」 遺族調書は「悪口ベース」 相模原殺傷

  2. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 大阪・箕面市がテレビ朝日に抗議 滝の水「トンネル掘ったら少なくなった」発言

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです