メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遠藤 靖典

 今まで時々触れているが、筆者は趣味でヴァイオリンを弾いている。どの程度の技量かはさておいても、まあ楽しいと思う程度には弾ける。確か大学生になった頃、大学オーケストラの先輩から「お前はヴィオラの方が向いているのではないか?」と言われ、それからヴィオラも弾くようになった。中学・高校でもオケがあり、そこで友人のヴィオラをよく弾かせてもらっていたので、そういうことも多分に影響していたのであろう。すると、特に室内楽においてはやたらヴィオラの声が掛かる。まあ仕方ない、ヴィオラはヴァイオリンより人口が(多分圧倒的に)少ないのだから。すると、ヴァイオリンが弾きたい時でも、「ヴィオラが少ないから」と言う正論(?)で押し切られ、いっかなヴァイオリンを触ることができなくなった。それから数十年たった今でもその傾向は変わらず、オケではヴァイオリン、室内楽ではヴィオラ(とヴァイオリン)という両刀使いで過ごしている。ヴィオラにはヴィオラの楽しみがあるので、その点特に不満はない。きらびやかな高音はヴィオラには出せぬが、深々とした中低音はヴァイオリンの持っていない音である。どちらの世界も楽しめるのは大層に面白い。

 すると欲が出てくるのである。ヴィオラでも出せぬ低音への魅力、より一層の表現力、そう、チェロである。…

この記事は有料記事です。

残り1728文字(全文2282文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです