メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外芥川賞に今村夏子さん「むらさきのスカートの女」
アンコール

2018年師走の第9コンサートから

「ベートーヴェンは凄(すご)い!全交響曲連続演奏会」で今年も熱演を聴かせた小林研一郎 (C) 山本倫子

 2018年末に行われたベートーヴェンの第9交響曲のコンサートから、3公演をピックアップしてリポートする。 (宮嶋 極)

【マレク・ヤノフスキ指揮 NHK交響楽団】

 NHK交響楽団が2018年の第9公演の指揮者に招いたのは、ポーランド出身でドイツを中心に活躍するマレク・ヤノフスキ。両者は毎年春に開催される東京・春・音楽祭の中心演目「東京春祭ワーグナー・シリーズ」で、2014年から17年までツィクルス上演された「ニーベルングの指環」4部作で共演した。自らの理想を追求するためオーケストラに対して時に厳しい要求をすることでも知られているヤノフスキだが、N響は主催する定期公演や第9公演にも彼を招へいしていることを見ると、この職人気質のマエストロに高い信頼を寄せていることがうかがえる。

 ワーグナー公演の時もそうであったが、演奏は質実剛健。一切の無駄をそぎ落とし構造部分をしっかりと固め…

この記事は有料記事です。

残り4118文字(全文4509文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. あなたの参院選 後期高齢者に「仕送り」35万円 給与天引きで自覚薄く
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです