メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アンコール

2018年師走の第9コンサートから

「ベートーヴェンは凄(すご)い!全交響曲連続演奏会」で今年も熱演を聴かせた小林研一郎 (C) 山本倫子

 2018年末に行われたベートーヴェンの第9交響曲のコンサートから、3公演をピックアップしてリポートする。 (宮嶋 極)

【マレク・ヤノフスキ指揮 NHK交響楽団】

 NHK交響楽団が2018年の第9公演の指揮者に招いたのは、ポーランド出身でドイツを中心に活躍するマレク・ヤノフスキ。両者は毎年春に開催される東京・春・音楽祭の中心演目「東京春祭ワーグナー・シリーズ」で、2014年から17年までツィクルス上演された「ニーベルングの指環」4部作で共演した。自らの理想を追求するためオーケストラに対して時に厳しい要求をすることでも知られているヤノフスキだが、N響は主催する定期公演や第9公演にも彼を招へいしていることを見ると、この職人気質のマエストロに高い信頼を寄せていることがうかがえる。

 ワーグナー公演の時もそうであったが、演奏は質実剛健。一切の無駄をそぎ落とし構造部分をしっかりと固め…

この記事は有料記事です。

残り4118文字(全文4509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 社会 札響コンサートマスター大平さんALS告白、退団へ 被災者支援に尽力

  3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  4. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  5. シャープ旧本社跡地にニトリ出店

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです