メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アンコール

大野和士×都響 意欲的なプログラミングの定期公演

都響の音楽監督として二つの定期でタクトを執った大野和士 (C)堀田力丸

 2019年の幕開けに東京都交響楽団、音楽監督の大野和士が登場する二つの定期公演は、1月10日のサントリーホールがヴァイオリニストのパトリツィア・コパチンスカヤを迎えシェーンベルクのヴァイオリン協奏曲とブルックナーの交響曲第6番、15日の東京文化会館ではテノール歌手、イアン・ボストリッジによるマーラーの「少年の不思議な角笛」とプロコフィエフの交響曲第6番という、マーラー以外は演奏会で取り上げられる機会が少ない作品が並んだ。チャレンジングなプログラミングから定期会員との信頼関係とオーケストラの矜持(きょうじ)を示した二つの定期公演をリポートする。(毬沙 琳)

 10日に行われた定期演奏会Bシリーズでは前述のとおりシェーンベルクとブルックナーという正月気分が吹…

この記事は有料記事です。

残り2514文字(全文2846文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 「そう感じさせたのは自分がだめ」 吉本社長、圧力発言事実上認める
  4. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」
  5. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです