メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外埼玉・朝霞 少女監禁事件控訴審 寺内樺風被告に懲役12年
新・コンサートを読む

コパチンスカヤのバイオリンリサイタル 黒い土を浄化してゆく音=梅津時比古

=大窪道治撮影

 黒々とした土と言えば、どのようなイメージを持つだろうか。たとえば、森の中の黒い土を思い浮かべ、肥沃(ひよく)な土地、木も草も豊かに茂る所と考えても、誰も奇妙には思わないだろう。

 ところが、欧米の人の感覚は別のようである。「黒い森」(ドイツ南西部)という名称の一帯を抱えながらも、ドイツ語では土に黒の形容をあてることはほとんどない。もし用いるとすれば、それは、爆撃を受けて森の中のそこだけが焼けただれて炭化したような悲惨なイメージと聞いた。

 モルドバ出身の若い女性バイオリニスト、パトリツィア・コパチンスカヤのリサイタルを聴いていて、黒い森…

この記事は有料記事です。

残り951文字(全文1221文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  2. 空自のF2戦闘機が墜落 搭乗の2人は救助 山口県沖
  3. 空自のF2戦闘機がレーダーから消える 山口県沖、搭乗の2人は見つかる
  4. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 習志野市立習志野高校/3 高い目標へ、超一流の指導 谷沢健一さん /東京
  5. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです