メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アンコール

新国立劇場 ワーグナー:「タンホイザー」再演

ハンス=ペーター・レーマン演出による「タンホイザー」=新国立劇場「タンホイザー」2019年公演より 撮影:寺司正彦

 2007年10月に新制作されたハンス=ペーター・レーマン演出による新国立劇場の「タンホイザー」。今回は13年1月に続く2度目の再演となる。レーマンは戦後、バイロイト音楽祭復興の立役者的存在として知られる名演出家、ヴィーラント・ワーグナー(リヒャルト・ワーグナーの孫でバイロイト音楽祭第5代総裁)のアシスタントを務め、その後もヴィーラントの弟で第6代同音楽祭総裁のヴォルフガングの体制前半期を下支えしたドイツの演出家。ハノーファー州立歌劇場の総監督などを経て、フリーの演出家に転じた後もワーグナー作品のスペシャリストのひとりとして評価されてきた。

 新国立劇場における「タンホイザー」のプロダクションについても、その特徴を二つ挙げることができる。そ…

この記事は有料記事です。

残り2250文字(全文2574文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  3. 「衆院選をやるなら7月以外にない」 麻生氏、首相に衆参同日選を進言 ちらつく「4選」戦略
  4. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  5. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです