メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

必聴!

「弾き振り」でベートーヴェンの傑作に挑む

ベートーヴェンの協奏曲2曲を弾き振りする渡邉康雄

 ピアニストの渡邉康雄が、3月17日、オーケストラ・アンサンブル金沢とベートーヴェンの1番、5番の協奏曲を協演する。ピアノソロを弾きながら指揮をする「弾き振り」による演奏で「ベートーヴェン音楽の神髄に迫りたい」と意気込む。【野宮珠里】

 渡邉は指揮者・渡邉暁雄の長男として東京で生まれ、72年にピアニストとしてデビューし、以後国内外で活躍。一方、父・暁雄が創立指揮者である日本フィルハーモニー交響楽団をはじめ、東京都交響楽団、京都市交響楽団などを指揮し、神戸室内合奏団の常任指揮者も務めるなど、指揮者としても精力的に活動してきた。

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文1021文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  3. トランプ大統領、非白人議員に「国に帰ってはどうか」 投稿に批判噴出
  4. あなたの参院選 氷河期世代の人生再設計は ロスジェネの逆襲も?
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです