メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

必聴!

「弾き振り」でベートーヴェンの傑作に挑む

ベートーヴェンの協奏曲2曲を弾き振りする渡邉康雄

 ピアニストの渡邉康雄が、3月17日、オーケストラ・アンサンブル金沢とベートーヴェンの1番、5番の協奏曲を協演する。ピアノソロを弾きながら指揮をする「弾き振り」による演奏で「ベートーヴェン音楽の神髄に迫りたい」と意気込む。【野宮珠里】

 渡邉は指揮者・渡邉暁雄の長男として東京で生まれ、72年にピアニストとしてデビューし、以後国内外で活躍。一方、父・暁雄が創立指揮者である日本フィルハーモニー交響楽団をはじめ、東京都交響楽団、京都市交響楽団などを指揮し、神戸室内合奏団の常任指揮者も務めるなど、指揮者としても精力的に活動してきた。

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文1021文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  4. ORICON NEWS 『こち亀』日暮熟睡男の特番、AbemaTVで配信決定 4年に1度“目覚める男”再び

  5. 福岡市の60代男性が新型コロナ感染 九州で初確認

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです