メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

必聴!

「弾き振り」でベートーヴェンの傑作に挑む

ベートーヴェンの協奏曲2曲を弾き振りする渡邉康雄

 ピアニストの渡邉康雄が、3月17日、オーケストラ・アンサンブル金沢とベートーヴェンの1番、5番の協奏曲を協演する。ピアノソロを弾きながら指揮をする「弾き振り」による演奏で「ベートーヴェン音楽の神髄に迫りたい」と意気込む。【野宮珠里】

 渡邉は指揮者・渡邉暁雄の長男として東京で生まれ、72年にピアニストとしてデビューし、以後国内外で活躍。一方、父・暁雄が創立指揮者である日本フィルハーモニー交響楽団をはじめ、東京都交響楽団、京都市交響楽団などを指揮し、神戸室内合奏団の常任指揮者も務めるなど、指揮者としても精力的に活動してきた。

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文1021文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです