メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

兵庫の児童合唱団、ウィーン少年合唱団と共演へ 3月にオーストリアで

ウィーン少年合唱団との交流を控え、練習に励む青い鳥児童合唱団のメンバー=兵庫県高砂市米田町米田の米田公民館で2019年2月23日午後3時半、幸長由子撮影

 青い鳥児童合唱団(兵庫県高砂市)で活動する小中学生が3月24~31日、オーストリアを訪れ、ウィーン少年合唱団の寄宿舎があるアウガルテン宮殿でウィーン少年合唱団と共演する。青い鳥児童合唱団出身の団員が2014年、ウィーン少年合唱団に入団した縁から広がった交流で、共演は初めて。青い鳥児童合唱団によると、アウガルテン宮殿で日本の子供たちとウィーン少年合唱団が共演するのは珍しいという。小中学生らは、あこがれの地での演奏に向けて、練習を重ねている。【幸長由子】

 青い鳥児童合唱団は、「月の沙漠」を作曲したことで知られる高砂市出身の作曲家、佐々木すぐるさん(故人…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天空の城ラピュタ ムスカのサングラスが初商品化 パズーの飛行士用ゴーグルも
  2. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ
  3. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  4. 82歳暴行死「慕われていたお父ちゃんが…」憤る遺族
  5. 新皇后さまの横顔…動物、スポーツ好き

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです