メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

「統一された祖国で歌を」米朝会談見守る在日コリアン・ソプラノ歌手

ソプラノ歌手の金桂仙さん=大阪市淀川区で2019年2月27日、高村洋一撮影

 長引く祖国の分断に心を痛める多くの在日コリアンは2回目の米朝首脳会談を大きな関心を持って見守った。日本と韓国で活動し、一度は北朝鮮でも歌った在日韓国人2世のソプラノ歌手、金桂仙(キム・ケソン)さん(69)=大阪市淀川区=は米朝の対話がいずれ朝鮮半島の南北和解につながると期待する。会談では非核化の協議が合意に至らなかった。「残念ですが、会談を重ねれば信頼も生まれます」と、継続協議を強く望んだ。

 祖国の分断で何度も悔しい思いをした。朝鮮学校で学び、20代半ばまで大阪と東京の民族音楽団体で活動。…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文649文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです