メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被災地に癒やしの調べ

「音楽のちから」を生み出す支援者の連携

「メモリアルコンサート」を行う杜(もり)の弦楽四重奏団 (C)大峡勝一=2月11日・地下鉄国際センター駅2階 青葉の風テラス多目的スペース

 まもなく東日本大震災から8年がたとうとしている。それははたして、もう8年だろうか? それともまだ8年だろうか? 復興に従事していると、首都圏から「まだ復興なんてやっているの?」 という声を聞くこともあるのだという。一瞬、本当だろうかと思う半面、被災地を直接目にしたことがなく、失われたものの大きさを身近なものとして感じなければ、無理もないのかもしれない、とも思う。ものの感じ方や考え方はひとそれぞれで、一義的な考えを押し付けることなどできないからだ。

 それでも現実には、さまざまな形の復興とその支援が現在進行形で行われている。津波で甚大な被害を受けた…

この記事は有料記事です。

残り2982文字(全文3259文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  3. 羽生結弦が5000人魅了 千葉でアイスショー プルシェンコ、紀平らも華麗に
  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  5. 「ブレーキ利かなかった」 飯塚元院長を聴取 池袋暴走事故

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです