メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被災地に癒やしの調べ

「音楽のちから」を生み出す支援者の連携

「メモリアルコンサート」を行う杜(もり)の弦楽四重奏団 (C)大峡勝一=2月11日・地下鉄国際センター駅2階 青葉の風テラス多目的スペース

 まもなく東日本大震災から8年がたとうとしている。それははたして、もう8年だろうか? それともまだ8年だろうか? 復興に従事していると、首都圏から「まだ復興なんてやっているの?」 という声を聞くこともあるのだという。一瞬、本当だろうかと思う半面、被災地を直接目にしたことがなく、失われたものの大きさを身近なものとして感じなければ、無理もないのかもしれない、とも思う。ものの感じ方や考え方はひとそれぞれで、一義的な考えを押し付けることなどできないからだ。

 それでも現実には、さまざまな形の復興とその支援が現在進行形で行われている。津波で甚大な被害を受けた…

この記事は有料記事です。

残り2982文字(全文3259文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 見る探る 東京駅で出会ったナミビア人についていったら 台風、被災地、そして「歴史的試合」は

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです