メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・コンサートを読む

ムーティ指揮シカゴ響 ヴェルディ《レクイエム》 我を解き放ちたまえ=梅津時比古

=Todd Rosenberg撮影

 相次いで知人の死に遭遇した。一人は深く親交のあったドイツ人で、葬儀は教会で行われた。一人は社会的なつながりのある日本人で、お経を上げて葬儀が行われた。前者は感覚的にも、考え方にも分かり合えるところが多く、後者はその生き方があまり理解できなかった。

 共通していたのは、葬儀の場に、写真や文章が展示してあり、故人の生き方を振り返るようになっていたことである。それを見ると、よく知っていたはずの前者も、あまり知らなかった後者も、見知らぬ人の生をめぐるひとつの物語に思えた。確かに人は他者の生き方を物語として理解するのだろう。新聞の人生相談などを見ると、相談者も回答者も、相談の内に既に含まれている物語を完成させて、答えにしている。

 ムーティ指揮のシカゴ交響楽団がヴェルディの《レクイエム》を上演した(2月2日、東京文化会館)。レク…

この記事は有料記事です。

残り851文字(全文1214文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです