メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

三浦雅士・評 『鬼子の歌 偏愛音楽的日本近現代史』=片山杜秀・著

 (講談社・3456円)

 もう二昔前にもなろうか、レコード会社、ナクソス・ジャパンの企画「日本作曲家選輯(せんしゅう)」に収録された作曲家の新鮮な顔ぶれに惹(ひ)かれ、出るCDを次々に買い集めたことがある。戦前戦中の日本人作曲家の活動が分かる企画なのである。だが、買い始めて驚嘆したのはこのシリーズの解説を担当していた片山杜秀というライターの文章で、次第にむしろその文章のために買い求めるようになった。みな、細かい字でぎっしり数頁(ページ)も続く、四百字詰めで四十枚にもなろうかという力作評論で、調査の緻密と博識に圧倒された。拡大コピーして自分なりに製本したが、そのまま一冊の立派な作曲家論集になった。

 大澤壽人の「神風協奏曲」も深井史郎の「ジャワの唄声」もこのシリーズで初めて聞いた。いや、初めて知ったのである。疑いなく、戦争協力が露(あら)わになるのを恐れて戦後長く隠蔽(いんぺい)されてきたのだ。ちなみにCDの演奏はともにヤブロンスキー指揮のロシア・フィルハーモニーで、日本人でも日本の演奏団体でもない。21世紀になってなお抑圧が続いていたということなのだろう。大澤の協奏曲など特攻隊とはまったく…

この記事は有料記事です。

残り982文字(全文1483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  2. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  3. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  4. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  5. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです