メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

必聴!

「笛田博昭 テノールリサイタル」ベルカントの魅力全開 巨匠と共に

「スカレーラからは学ぶことばかり」と語る笛田

 日本のオペラ界期待のテノール、笛田博昭が、6月9日に川崎市でリサイタルを開く。世界の一流歌手と共演を重ねてきたヴィンチェンツォ・スカレーラを協演者に迎え、初挑戦のフランス歌曲なども盛り込みながら、じっくりと音楽を聴かせる趣向。歌手としての深化を続ける笛田の「今」に耳を傾けたい。【野宮珠里】

 笛田の魅力といえばやはり、パワーのある豊かな声だろう。大ホールの隅々まで通る強さとともに温かみのある柔らかさをも備えた声、堂々とした歌いぶりは、オペラの舞台でも日本人離れした存在感を放ち、聴き手の心をゆさぶる。

 「少しやんちゃだった」高校時代、音楽の授業で三大テノールの映像を見たのが、歌の道に進むきっかけにな…

この記事は有料記事です。

残り1371文字(全文1674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  3. 「桜を見る会」 与党に「推薦依頼」 官邸ホームページ動画に「招待枠」発言も

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 新国立競技場でラグビー大学選手権決勝を開催 来年1月11日

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです