メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

必聴!

「笛田博昭 テノールリサイタル」ベルカントの魅力全開 巨匠と共に

「スカレーラからは学ぶことばかり」と語る笛田

 日本のオペラ界期待のテノール、笛田博昭が、6月9日に川崎市でリサイタルを開く。世界の一流歌手と共演を重ねてきたヴィンチェンツォ・スカレーラを協演者に迎え、初挑戦のフランス歌曲なども盛り込みながら、じっくりと音楽を聴かせる趣向。歌手としての深化を続ける笛田の「今」に耳を傾けたい。【野宮珠里】

 笛田の魅力といえばやはり、パワーのある豊かな声だろう。大ホールの隅々まで通る強さとともに温かみのある柔らかさをも備えた声、堂々とした歌いぶりは、オペラの舞台でも日本人離れした存在感を放ち、聴き手の心をゆさぶる。

 「少しやんちゃだった」高校時代、音楽の授業で三大テノールの映像を見たのが、歌の道に進むきっかけになった。

この記事は有料記事です。

残り1368文字(全文1674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです