メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・コンサートを読む

ブリン・ターフェルのイギリス歌曲 「地域語」から「普遍語」へ=梅津時比古

=増田雄介撮影

 英語が独り勝ちしている。今や英語は<普遍語>である。ひとつの<地域語>は、多くの翻訳を経ることによって<普遍語>になる。英語を使用する企業や国が経済的に世界を制したということだろう。

 しかし面白い事実がある。クラシック音楽の歌曲においては<普遍語>は英語ではなくドイツ語である。続いてフランス語、イタリア語だろうか。英語は下位に位置する。経済的に制した国の言語が、文化においても<普遍語>になるわけではないのだろう。

 イギリスのバス・バリトン、ブリン・ターフェルが久々に来日し、東京・春・音楽祭で歌曲の夕べを持った(…

この記事は有料記事です。

残り953文字(全文1212文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  4. 継続は力なり わかやま100年企業の挑戦 亀屋旅館 愛される旅館、いつまでも 完全復旧へ力注ぐ /和歌山

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです