メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ときにはぶらりと音楽を

アマオケの選曲:その壱

遠藤 靖典

 しばらく前にアマオケについて書き綴ったが、そのときにはアマオケに参加する人に焦点を当てていた。そこで今回は、曲に注目してみる。有り体に言えば、どういう曲を選ぶか、ということであるが、これがなかなかに難物である。なにしろ、トレードオフの関係にある制約条件がいくつかあるからであり、それらすべての制約条件を満足するような最適解となると、存在するかどうかも怪しい。しかし、演奏会はすでに予定されており、団員からの突き上げもあり、となると、最適解ではないにせよ、とにもかくにも選曲せねばならぬ。筆者は選曲を楽しむ方であるが、毎回胃の痛くなる思いをしている方も少なからずおられよう。そもそもプロの場合、選曲は年間スケジュールの中で、興行収入やソリストの都合等を踏まえつつ、音楽監督や専門の立場の人・部署がするのであり、団員がすることはない。しかしアマオケの場合、選曲は団員がする、というか、団員しかしない。これはアマオケとプロオケの決定的に違う点の一つである。そんな選曲の事情について、筆者の経験を踏まえて述べてみる。以前と若干重複するところがあろうし、見落としているところもあるであろうが、ご容赦いただきたい。

 前述の制約条件について思い付くままに書き並べてみると、①団員のしたい曲、②団員の技術、③団の編成、…

この記事は有料記事です。

残り1766文字(全文2324文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  4. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  5. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです