メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

皇太子さま10歳、自制と目の輝き 万博で通訳、即位祝う 70年大阪・ソ連館

大阪万博のソ連館でだっこしてもらってカプセルの中をのぞき込まれる皇太子さま=1970年4月

 来月1日に新天皇即位を控える皇太子さま(59)がほぼ半世紀前、大阪万博のソ連館を訪れた際に通訳を務めたロシア人男性が当時を振り返った。「自制し、実年齢より上かと思えるほどしっかりしていた」「宇宙関連の展示物に目を輝かせていた」--。ともに過ごした時間を懐かしむと共に「生真面目だった10歳の少年が特別な地位に就くことを大変うれしく思う。成功をお祈りしている」と目を細めて語った。【モスクワ大前仁】

 皇太子さまがソ連館を見学されたのは1970年4月。3階建ての館内を1時間かけて回った。案内役だった…

この記事は有料記事です。

残り678文字(全文927文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  3. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  4. ラグビー日本代表・プロップ具智元が日本国籍取得

  5. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです