メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外コロナ刑事罰規定削除 懲役・罰金とも 与野党合意
今週の本棚

湯川豊・評 『ドナルド・キーンのオペラへようこそ! われらが人生の歓び』

 ◆『ドナルド・キーンのオペラへようこそ! われらが人生の歓(よろこ)び』=ドナルド・キーン著、中矢一義訳・構成

 (文藝春秋・2160円)

熱愛の記録と勧誘の書

 日本文学研究の巨大な存在だったドナルド・キーンは、クラシック音楽好きで、とりわけオペラの熱狂者(ファン)だった。メトロポリタン歌劇場(米ニューヨーク、略称メト)は、自分の第二の家といってもいい、というほどである。この本は、そういう熱愛者のオペラへの愛着の記録であるいっぽう、オペラの魅力を読者も享受するように、と語りかけている、心やさしい勧誘の本でもある。

 第一章オペラとの出会い、第二章オペラ徒然草は、自分の熱中が他人にも受け継がれることを願って、近年語った事どもの断片を中矢一義氏がていねいに翻訳したものであるようだ。言葉の端々に、オペラへの熱中がにじみ出ている。

この記事は有料記事です。

残り1136文字(全文1500文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 日産、2030年代早期に新型車をすべて電動車に 日米中欧の市場で

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

  5. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです