メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・コンサートを読む

新国立劇場でオペラ2作併演 背後に浮かぶフィレンツェ=梅津時比古

=寺司正彦撮影

 美しい町は毒を含んでいる。

 イタリアのフィレンツェも、メディチ家の富と権力をめぐり町の歴史に争いが絶えない。フィレンツェ最古のベッキオ橋や宮殿には、表から見えないメディチ家の秘密の屋内通路がある。私が訪れたときは公開されていなかったが、ある貴族の厚意で見せてもらった。絨毯(じゅうたん)敷きの通路に美術品や宝石がふんだんに置かれて隠されている。抗争、暗殺を繰り返す血のにおいがした。表に出ると、ベッキオ橋が日差しを浴びてアルノ川に浮かんで見える。秘密の通路との明暗に息をのんだ。

 新国立劇場がツェムリンスキー《フィレンツェの悲劇》とプッチーニ《ジャンニ・スキッキ》の2作のオペラ…

この記事は有料記事です。

残り947文字(全文1237文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです