メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神奈川県・江の島沖で=本社ヘリから尾籠章裕撮影

 始まりと終わりはどこにあるのだろうか。世界の始まりの前は何か、世界の終わりの後はどうなるのか、子どものころからのきりのない問いは、今も解決しない。

 平成が終わり、令和が始まった。改元は初めと終わりが分かりやすい。世間でにぎやかな催しが数多く行われたのもそれ故かもしれない。まるで大みそかと新年のようであった。しかし新年について<去年(こぞ)今年貫く棒の如(ごと)きもの>と虚子が吟じたように、名前が変わっても実体は変わらないと見る向きも当然あるだろう。

 R・シュトラウスに《あした》(Morgen!)と題するよく知られた歌曲がある。マッケイの詩は<そし…

この記事は有料記事です。

残り777文字(全文1054文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」 政府答弁書

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです