メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽

ヴァイグレ指揮の読響 浮かび上がる格調=評・大木正純

=林喜代種撮影

 読売日本交響楽団の新たな常任指揮者に、この4月、ベルリン生まれのセバスティアン・ヴァイグレが就任した。50代後半の、いままさに働き盛り。欧米の歌劇場を中心にめざましい活躍を繰り広げるこの精鋭への期待は大きい。得意とするドイツ古典・ロマン派のプログラムが組まれた名曲シリーズ(第622回)で、さっそくその見事な手並みを確認した。

 ワーグナー《ニュルンベルクのマイスタージンガー》第1幕への前奏曲は、一貫してすっきりとしたテンポを…

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文778文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  2. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  3. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. 連休なのに…千葉の観光地悲鳴「アクセス復旧を」 シーワールドは早々に再開

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです