メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都市で=尾籠章裕撮影

 いつも不意に桜はやってくる。季節が過ぎ去っていても不意にやってくる。

 とうに散り終わったのに、笙(しょう)の透徹した音の中に桜が見えた。響きから無数の桜の花びらがこぼれ落ちてきた。

 主に雅楽で使われる笙は細い管を縦に集めた不思議な楽器だ。顔の真ん中が隠れるように当てて吹き口に息を出し入れすることで鳴らす。初めに耳に入ってくるときには小さな音が寂しく響くのに、やがてふくよかに広がる。ヨーロッパの音に慣れた耳には不協和に響くが、その雑味がいつの間にか静けさに化している。楽器の特性もさることながら、このような感覚はその夜の笙の吹き手、宮田まゆみの醸し出すものなのかもしれない。あるいは、細川俊夫の笙のための曲がそう感じさせるのか。

 下野竜也指揮の広島交響楽団が新たに始めた「ディスカバリー・シリーズ」第1回で、ベートーベン《交響曲…

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文1037文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです