メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

びわ湖ホールから

これぞテノール!二塚直紀公演 日本屈指の歌声存分に 8月29日 /滋賀

 2003年にびわ湖ホール専属の声楽家集団「びわ湖ホール声楽アンサンブル」のメンバーとなり、現在は大津市を拠点に全国で活躍する二塚直紀。多くのコンクールで上位入賞を果たしたほか、15年に県文化奨励賞、18年には大津市文化賞を受賞し、乗りに乗っているオペラ歌手です。声の輝き、声量、音楽性は日本でもトップクラス。1000人を超える大きな会場もマイクなしで、いかんなくその実力を発揮します。

 「声楽アンサンブル」出身の4人のテノール歌手で結成したユニット「びわ湖ホール四大テノール」のメンバーとしても活躍。「四大テノール」は、各地から出演依頼が絶えず、16年には五輪メダリストらとともに関西元気文化圏賞ニューパワー賞を受賞しました。

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文636文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 木村花さん自宅から遺書 警視庁、自殺図ったとみて捜査 女子プロレスラー急死

  2. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです