メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アンコール

ヤルヴィ・N響の《トゥランガリラ交響曲》 有機的な統一感=評・大木正純

=林喜代種撮影

 いまを時めく名コンビ、首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィとNHK交響楽団の、破竹の勢いが止まらない。とりわけいわゆる近代以降の音楽に、めざましい成果をあげつつある昨今だ。そんな折、メシアンの《トゥランガリラ交響曲》を取り上げる定期公演が注目を集めたのは当然だろう。結果は期待通りの快演。20世紀の独創的な大作が、ホール狭しと鳴り響いた。

 パーヴォの《トゥランガリラ》はみるからに筋骨たくましい。絢爛(けんらん)たる色彩性を強調する以前に、まず堅固な構成と響きの重量感が先に立つ印象だ。錯綜(さくそう)したスコアの処理はいつもながら申し分なく精細だが、そこに神経質な硬直は皆無。隙(すき)のない展開の中にも、常に一種天真爛漫(らんまん)なおおらかさの風穴が開かれているのが大きな特長だ。そう、《トゥランガリラ》には息の詰まるような閉塞(へ…

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文808文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  3. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  4. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  5. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです