メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミュージック・音楽

パシフィック・ミュージック・フェスティバル札幌 30回記念、世界的指揮者ら参加 6日から /北海道

「パシフィック・ミュージック・フェスティバル札幌2019」パンフレット

 夏のクラシック音楽祭「パシフィック・ミュージック・フェスティバル札幌(PMF)2019」=写真はパンフレット=が6日から、札幌市をメイン会場に開催される。今年は30回記念の年にあたり、第3代PMF芸術監督を務めたクリストフ・エッシェンバッハら世界的指揮者や教授陣が参加する。

 芸術監督は5シーズン目を迎えるマリインスキー劇場総監督のワレリー・ゲルギエフ。故レナード・バーンスタインの教えを受けた米国の女性指揮者マリン・オルソップ(第1回PMFに参加)、チェコ出身のホルン奏者・指揮者ラデク・バボラークらが参加する。

 このほか、教授陣は過去にPMFに参加し、現在国内外のオーケストラで活躍する15人の若手演奏家が加わる。

この記事は有料記事です。

残り819文字(全文1129文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  2. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  3. 東京と北海道で高齢者死亡 相模原、長野、愛知などで新たに15人感染

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです