メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アンコール

リエージュ・フィルハーモニー管弦楽団 サン=サーンスの華麗な調べ=評・大木正純

 60年近い歴史を誇るベルギー王立リエージュ・フィルハーモニー管弦楽団が久しぶりに日本を訪れた。率いるは8年来の音楽監督クリスティアン・アルミンク。長く新日本フィルと名コンビを組み、日本での評価も高い人物だ。

 プログラムの前半には、多くの聴衆がステージで聴くのは初めてと思われる、珍しい曲目が二つ並ぶ。まずベルギーの作曲家ギョーム・ルクーの「弦楽のためのアダージョ」。演奏時間10分あまりの小品で、ウェーベルンの「弦楽四重奏のための緩徐楽章」やプッチーニの「菊」を思わせる、美しくも切ないエレジーだ。悲痛な音調の中に浮かび上がる、美への切実な憧れが、若き天才の面影を伝える。アルミンクは比較的大きな編成の弦楽合奏に、その深い思いを語…

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文792文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  2. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  3. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  4. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです