メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アンコール

リエージュ・フィルハーモニー管弦楽団 サン=サーンスの華麗な調べ=評・大木正純

 60年近い歴史を誇るベルギー王立リエージュ・フィルハーモニー管弦楽団が久しぶりに日本を訪れた。率いるは8年来の音楽監督クリスティアン・アルミンク。長く新日本フィルと名コンビを組み、日本での評価も高い人物だ。

 プログラムの前半には、多くの聴衆がステージで聴くのは初めてと思われる、珍しい曲目が二つ並ぶ。まずベルギーの作曲家ギョーム・ルクーの「弦楽のためのアダージョ」。演奏時間10分あまりの小品で、ウェーベルンの「弦楽四重奏のための緩徐楽章」やプッチーニの「菊」を思わせる、美しくも切ないエレジーだ。悲痛な音調の中に浮かび上がる、美への切実な憧れが、若き天才の面影を伝える。アルミンクは比較的大きな編成の弦楽合奏に、その深い思いを語…

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文792文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州豪雨 「今、流されている」 不明の女性電話で「さよなら」 夫は遺体で発見

  2. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです