メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・コンサートを読む

藤原歌劇団の《愛の妙薬》 聖なる愚者包み込む夕空=梅津時比古

=林喜代種撮影

 ドイツ・ケルン歌劇場の支配人が、かつてドニゼッティのオペラ《愛の妙薬》について面白い言い方をしていた。「ケルン歌劇場は単年度予算ではないので、現代オペラに取り組むことができる。現代オペラは観客が入りにくいから、そのシーズンは赤字になるが、次のシーズンで《愛の妙薬》を入れれば必ず収益を元に戻せる」。つまりは《愛の妙薬》ならいつでも観客を呼べるということである。

 私自身も、このオペラは40年近く前にケルン歌劇場で見て以来やみつきになり、ドニゼッティの生まれ故郷…

この記事は有料記事です。

残り1002文字(全文1233文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです