メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

チェンバロ・濱田あやが 自然を奏でる可憐な音色

大阪でリサイタルを開くチェンバロ奏者の濱田あや=大阪市北区で、倉田陶子撮影

 兵庫県芦屋市出身で米国を拠点に活動するチェンバロ奏者の濱田あやが20日、あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール(大阪市北区)でリサイタル「花鳥風月~The Beauty of Nature~」を開く。

 「自然をメインテーマに、ストーリー展開を考えた」というプログラム。チェンバロが弾かれていた18世紀の作品が中心だ。クープラン「恋の夜鳴きウグイス」「森の精」やラモー「鳥のさえずり」「西風とバラのための快活なエール」など、「当時の作品にはかわいらしく想像をかき立てるタイトルが多い。そこにチェンバロの音色が加わることで、鳥の羽…

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. 首相また会見18分、質問二つで終了 追加受けず 帰省「一律自粛求めず」

  3. 首相会見に識者「政府の責任から逃げている」「質疑は『おまけ』という姿勢」

  4. クックパッドニュース 目からウロコ!ガス代が節約できる「パスタ」の茹で方

  5. 沖縄県、新たに159人感染 過去最多を更新 新型コロナ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです