メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・コンサートを読む

バイロイトの《タンホイザー》 文化全般の対立を視野に=梅津時比古

=バイロイト音楽祭提供

 広い野や森を縫う一本道を、上空からドローンで見たような映像が追う。やがて映像は道を走る一台の灰色の古いバスに焦点が絞られ、道から大空を見上げる視点に切り替わる。管弦楽が静かに立ち上がって地の底から徐々にせり上がり、やがて天に達するように響く。ここは映画館ではなく、この夏のドイツ・バイロイト祝祭劇場。上演されているのは、指揮のゲルギエフ、演出のクラッツァー共にバイロイト・デビューとなったワーグナー《タンホイザー》である(7月28日所見)。

 まるで映画のように始まった長い序曲の間に、驚くべき場面が次々に起こる。ヴェーヌスを除けばワーグナー…

この記事は有料記事です。

残り985文字(全文1256文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  4. 行政ファイル 福山で15人食中毒 /広島

  5. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです