メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アンコール

没後500年「ダ・ヴィンチ音楽祭」 はるかな時代、一級品の響き=評・大木正純

撮影=朴令鈴

 今年はレオナルド・ダ・ヴィンチが没してちょうど五百年の節目に当たる。これを機に、4日間にわたるユニークな音楽イヴェント「ダ・ヴィンチ音楽祭」が開催された。仕掛け人は古楽アンサンブル「アントネッロ」を主宰する濱田芳通である。その最終公演、合唱主体の一夕「レオナルド・ダ・ヴィンチ時代の音楽」を聴いた。

 濱田の指揮、総勢50人ほどの合唱団「ラ・ヴォーチェ・オルフィカ」、それにアントネッロが披露したのは、活躍したミラノやフィレンツェ、晩年にはフランスの地で、レオナルドが実際に耳にしたかもしれない当時の音楽、総計19曲(うち3曲のみ器楽曲)である。大家デュファイやジョスカン・デ・プレのミサ曲(いずれも一部抜粋)、あるいはジャヌカンのシャンソン(…

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文805文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟、日本資産の現金化は「望ましくない」  韓国大統領

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです