メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アンコール

OMFの《エフゲニー・オネーギン》 かみ合わぬ悲しみ刻印=評・梅津時比古

撮影=大窪道治(2019OMF)

 今夏のセイジ・オザワ松本フェスティバル(OMF)のオペラ公演に小澤征爾の登場はなかったが、ファビオ・ルイージの指揮の下、充実した質の高い公演を堪能することができた。演目はチャイコフスキー《エフゲニー・オネーギン》。

 このオペラを過剰にロマン的にとらえると、主人公の無為徒食の若い貴族、オネーギンへの片思いをタチヤーナが手紙につづる有名な「手紙の場」の比重が大きくなる。しかしルイージはあらゆる楽節一つ一つからさまざまな色合いを引き出し、全編にこのオペラのロマン性だけではない本質を刻印することに成功した。それは人と人の気持ちが通じ合わない「齟齬(そご)」から引き起こされる索漠とした悲しみであろう。チャイコフスキーの丹念な表現がこの作品においては…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文812文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京メトロ東西線の線路上に支障物 一時全線運行見合わせ 飯田橋駅付近

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 「富士山ビュー特急」運転席でふれあい 富士急イベントに親子連れが参加 山梨

  4. ヘイトスピーチ反対運動続けた崔江以子さんらに人権賞 罰則条例制定に貢献 東京弁護士会

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです