メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台がはねてバイロイト祝祭劇場から吐き出される人々=梅津時比古撮影

 ドイツ・バイロイト音楽祭でワーグナーの≪タンホイザー≫を見たあと、丘の上の祝祭劇場から吐き出されるように、正装の男女の渦と共に外へ出た。今夏のドイツは暑かったが、午後10時近くになってようやく暗くなった外気が、ひんやりと肌に触れる。斜め後ろから《タンホイザー》の中の有名な《夕星(ゆうずつ)の歌》の旋律を小声で口ずさむ女の人の声がした。先ほど舞台で、清廉なヴォルフラム役のバリトンが歌ったばかりだ。死の予感を覚えつつ、片思いの相手、エリザベートへの優しい気持ちを込めた歌はしっとりとして、一瞬、《タンホイザー》の精神と官能の闘いを忘れさせる。どこかで聞き覚えがある気がした。振り返ると、黒いロングドレスを着た銀髪の婦人と、一瞬、互いに目が留まって、その直後、耳に残る声が記憶を呼び覚ます。声は年を取らない。あー、と言葉にならないでいると、向こうも驚いたような顔が笑顔になり「長い間お会いしませんでした。お元気ですか?」と小声で。「何年?」と言ったきりこち…

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文1070文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 拙攻に走塁ミス…パナソニック監督「野球の怖さ出た」 四国銀行に敗れ 都市対抗

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです