メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・コンサートを読む

遠山慶子のショパン≪マズルカ≫ 「純粋」という美に触れる=梅津時比古

=林喜代種撮影

 草津町(群馬県)の“草津音楽祭”を訪れると、からりと晴れ渡っていて、人々が「昨日までは大雨で大変だった」と口々に言うのを不思議な気持ちで聞きながら、山肌の草や木々に差す光の乱舞をまぶしく見ていた。

 8月24日の夕方、ピアニストの遠山慶子を含む複数の演奏家が出演する「チェンバロからピアノへ/遠山慶子のショパン:マズルカ」と題した演奏会が草津音楽の森国際コンサートホールで行われた。

 この音楽祭(草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル)によく呼ばれるクラウディオ・ブリツィが、…

この記事は有料記事です。

残り966文字(全文1207文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  3. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  4. 仕込み直前、濁流が酒米襲う 台風19号で被災の酒蔵、復旧進める 栃木

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです