メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと兵庫、大阪、京都

ソプラノ歌手・田中彩子さん(35) 日本で育った感覚、力に

ソプラノ歌手の田中彩子さん=大阪市北区で、梅田麻衣子撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 カルチャー>

クラシック音楽を敬遠してきた人にも、声楽を通じてその魅力を伝えたい。

 オーストリア・ウィーンを拠点に世界の舞台で活躍するソプラノ歌手、田中彩子さん(35)が来月22日、いずみホール(大阪市中央区)でリサイタルを開く。ソプラノの中でも高い音域を軽やかに奏でる歌声「コロラトゥーラ」の持ち主。「山紫水明の日本で育った感覚を大切にしながら歌いたい」と話している。【有本忠浩】

 3歳からピアノに親しみプロを目指したが、「手が小さくて1オクターブ弾くのもやっと。限界を感じました」。音楽の世界への夢は断ちがたく、17歳の時に声楽を試みたところ、先生から「とても珍しい声だ」と褒められて転身した。

この記事は有料記事です。

残り870文字(全文1183文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです