メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アンコール

レザール・フロリサンの≪メサイア≫ 一大絵巻物の魅力=評・大木正純

 アメリカ生まれの音楽家ウィリアム・クリスティがパリで古楽団体レザール・フロリサンを創設したのは今からちょうど40年前のこと。以来、手塩にかけた合唱団、器楽アンサンブル、ソロ歌手たちを率いて、シャルパンティエの音楽劇に因(ちな)む“花咲ける芸術”の団体名そのままの、色彩と香り豊かな、生気溢(あふ)れる音楽で人々を魅了し続けてきた。ヘンデルの歴史的名作≪メサイア≫を携えての来日公演に、満員の聴衆が詰めかけたのもうなずける。

 ≪メサイア≫は聖書に基づく敬虔(けいけん)な宗教的オラトリオであると同時に、聴衆に聴く悦(よろこ)…

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文813文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  3. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  4. 堺市立小教諭、教え子の中1少女にキス 口止めも 強制わいせつ容疑で逮捕

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです