メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

びわ湖ホールから

ワーグナーの素顔を探る 12月7日、白石光隆ピアノ&トーク /滋賀

 びわ湖ホールでは、2016年度からワーグナーの大作オペラ《ニーベルングの指環》4部作を4年かけて、単独で制作・上演。完結作の『神々の黄昏』を20年3月7、8日に上演しますが、この関連企画として12月7日に白石光隆ピアノ&トークコンサートを開催します。

 東京芸術大学、ジュリアード音楽院に学び、声楽曲にも造詣が深い白石光隆の演奏と楽しいトークで、さまざまな作曲家の作品を通じて知られざるワーグナーの魅力に迫ります。

 リストがピアノ曲に編曲した「イゾルデの愛の死」は、ワーグナーの楽劇『トリスタンとイゾルデ』の中で最…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文664文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです