メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・コンサートを読む

トリエステ・ヴェルディ歌劇場の≪椿姫≫ 孤独と夢の溶け合う白い花=梅津時比古

=林喜代種撮影

 椿(つばき)は赤い花が多く、白い花は少ない。

 子供のころ読んだ絵本に、病床の母が、脇に一人で立つ少年に「白い花の椿の木の下に宝物が埋まっている」と言い残す物語があった。少年は探し歩き、ようやく白い椿を見つけて金銀を掘り当て、一人で暮らす糧を得る。母の愛と、孤独と、夢が溶け合っていて、今も、白い椿を見ると、木の下の宝物の夢と、寂しさがよぎる。

 ヴェルディのオペラ≪椿姫≫のイタリア語の原題は≪ラ・トラヴィアータ(道をはずれた女)≫。しかし、デ…

この記事は有料記事です。

残り987文字(全文1209文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです