メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・コンサートを読む

トリエステ・ヴェルディ歌劇場の≪椿姫≫ 孤独と夢の溶け合う白い花=梅津時比古

=林喜代種撮影

 椿(つばき)は赤い花が多く、白い花は少ない。

 子供のころ読んだ絵本に、病床の母が、脇に一人で立つ少年に「白い花の椿の木の下に宝物が埋まっている」と言い残す物語があった。少年は探し歩き、ようやく白い椿を見つけて金銀を掘り当て、一人で暮らす糧を得る。母の愛と、孤独と、夢が溶け合っていて、今も、白い椿を見ると、木の下の宝物の夢と、寂しさがよぎる。

 ヴェルディのオペラ≪椿姫≫のイタリア語の原題は≪ラ・トラヴィアータ(道をはずれた女)≫。しかし、デュマ・フィスがパリの高級娼婦(しょうふ)を主人公にした小説≪椿を持つ女≫をオペラ化しているので、邦訳名は、より原作に近い。彼女は白い椿を好み、赤い花を飾ることは少なかったと描写されている。オペラの中でも第1幕で高級娼婦のヴィオレッタがアルフレードに「この花がしおれるころにまたお会いしましょう」と花を…

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1209文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 新型コロナ 合唱飛沫、前列へ前列へ 4人テーブル、隣の席が「最大」 理研など分析

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです