メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

札響コンサートマスター大平さんALS告白、退団へ 被災者支援に尽力

東日本大震災のチャリティーコンサートで演奏する大平まゆみさん(左)=東京都目黒区のめぐろパーシモンホールで2012年4月12日午後7時26分、山崎明子撮影

 札幌交響楽団(札幌市、札響)のバイオリン奏者で、コンサートマスターを長年務めてきた大平まゆみさん(62)が20日、札響を退団する意向を明らかにした。全身の筋力が低下する難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の可能性が極めて高いと診断されたという。

 大平さんは同市内で記者会見を行い、今年3月に声がいつ…

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文331文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  2. 北朝鮮の元クウェート大使代理が韓国に亡命 妻子も同行「子どもにより良い未来を」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです