メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

びわ湖ホールから

抱腹絶倒のオペレッタ 来年1月上演 劇場専属の声楽家集団 /滋賀

 びわ湖ホールは日本で唯一、劇場専属の声楽家集団<びわ湖ホール声楽アンサンブル>を有し、来年1月に上演するJ・シュトラウス2世作曲「こうもり」では彼らがキャストを務めます。

 この作品はオペレッタと呼ばれ、歌とせりふで物語が進行します。「喜歌劇」と訳されるだけあって、抱腹絶倒のドタバタ劇です。日本語上演なので内容が分かりやすく、上演前に演出家による解説もありますので、どなたでも気軽にご覧いただけます。

 大みそか、ちょっとした罪で刑務所に入ることになった銀行家のアイゼンシュタイン。実は刑務所に行く前に、こっそり友人ファルケと舞踏会に出かけようとたくらんでいます。一方、妻のロザリンデもファルケの誘いで同じ舞踏会へ。素性を隠して鉢合わせた二人は……。

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文785文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. ベスト電器、企業として消滅へ ヤマダデンキが吸収合併 かつての家電業界トップ

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. メルケル首相がトランプ米大統領を擁護? 発言録をドイツ文学者が読み解く

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです