メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音のかなたへ

新古今集とお弁当

東京都千代田区で=尾籠章裕撮影

 あるアマチュアオーケストラの演奏に、プロフェッショナルのオーケストラでは味わえないような感動を覚えたので、練習を見に行ったことがある。

 練習は土日。国語の先生が指揮をし、表情づけするときも、新古今集の歌の話などをする。チャイコフスキーの≪幻想序曲「ロミオとジュリエット」≫の冒頭で、式子内親王の<さりともと 待ちし月日ぞ うつりゆく 心の花の 色にまかせて>を取り上げていた。あまねく知られた歌ではない。「待っていても待っていてもあの人に会えない。この心の花の色は、あの人の心の花か、待つ自分の心か? そしてこの色は?」と問う。すると不思議なことにアマチュアオーケストラの音からさまざまな色があふれ出し、それがロミオになりジュリエットになり、深く幻想的な悲しい音に染まってゆく。情熱的な国語の授業と、不思議な手品を見ている気持ちになった。

 練習に使う体育館の椅子の片付けもすべて終わってから、下手なフルートの音が聞こえてきた。見ると隅でフ…

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1327文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  3. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 平手友梨奈さん「欅坂46」脱退を発表 佐藤詩織さんは一時休止

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです