メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・コンサートを読む

ティーレマン指揮ブルックナー≪交響曲第8番≫ 時間がにおい立つ響き=梅津時比古

=サントリーホール提供

 アントン・ブルックナーの交響曲には、気の遠くなるような壮大な時間が込められている。音符ひとつ、フレーズひとつが基本的に長い。始まると、どこまでも終わらない気がするほどだ。

 指揮者とオーケストラはその時間の長さを維持しなければ、曲に描かれている世界に入れない。あまりにも長い息を要求されるので、時には耐えなければならないし、小細工は通用しない。

 演奏に際しては、作品に表された時間感覚を厳守し、その世界を体現できれば、曲は豊かな響きを繰り広げて…

この記事は有料記事です。

残り970文字(全文1192文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  3. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  4. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  5. ナイキの「厚底シューズ」禁止 世界陸連が新規則 英メディア報道

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです