メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全日本学生音楽コンクール

第73回全日本学生音楽コンクール全国大会in横浜 刺激し合う感性 伸びやかな旋律(その2止)

第73回全日本学生音楽コンクール全国大会ピアノ部門高校の部で第1位に輝いた神原雅治さん=横浜市西区の横浜みなとみらいホールで2019年11月29日午後1時25分、滝川大貴撮影

 ◆ピアノ

奏者の個性光る

 第73回を迎えるコンクール、その全国大会ピアノ部門が終了した。大変にレベルの高い大会であり、全ての出場者が個々の力を出し切って熱演する姿は明るく爽やかであると同時に感動的であり、客席からは毎回大きな拍手が送られていた。

 高校の部では、スクリャービンの「ピアノ・ソナタ第5番」を演奏した神原雅治が、有機的な身体の使い方で自在に音楽を展開させ、1位に輝いた。

 中学校の部では、驚愕(きょうがく)するような大曲難曲が並び、さて、どうなるのだろうと内心思っていたのだが、それを払拭(ふっしょく)するような鮮やかな演奏が次々と繰り広げられ、その演奏技術の高さに目を見張る思いであった。難曲に挑戦するのが楽しい年齢でもあるのだろう、難しければ難しいほど腕が鳴る、といったエネルギーにあふれた演奏が続いた。しかし最後に出場した中瀬智哉は、必ずしも「難曲」とは言われない…

この記事は有料記事です。

残り1776文字(全文2166文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 拙攻に走塁ミス…パナソニック監督「野球の怖さ出た」 四国銀行に敗れ 都市対抗

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです