メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音のかなたへ

ゴーシュがウィーンに

東京都中央区で=尾籠章裕撮影

 宮沢賢治の「セロ弾きのゴーシュ」の冒頭に、オーケストラの練習の情景が描かれている。ゴーシュが楽団長の指揮者から激しく注意されたとき、ほかの団員は自分の楽譜をのぞき込んだり楽器を点検したり、あまり叱責に気づかないように振る舞っている。チェロを習おうとした宮沢賢治が、実際に新響(現N響)の練習を見たことが、卓抜な描写につながったのだろう。注意を受けている者以外の団員の気遣いやさまざまな感情がひしひしと伝わってくる。

 これが外国のオーケストラとなると、また違う。ビオラの首席奏者としてイタリアとドイツのオーケストラを…

この記事は有料記事です。

残り1049文字(全文1307文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  3. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 平手友梨奈さん「欅坂46」脱退を発表 佐藤詩織さんは一時休止

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです