メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・コンサートを読む

第62回東京国際ギターコンクールの本選 静けさのよってきたるところ=梅津時比古

1位のチー・ヒョン・パク=東昭年撮影

 第62回東京国際ギターコンクールの本選を聴いて、静けさに打たれた。

 それはギターの音が相対的に小さいからというわけではない。動きの少ない作品だけが弾かれたわけでもない。必ず取り上げなければならない課題曲はcoba作曲の≪Return to O≫だが、それはむしろかき鳴らすところの多い曲であった。

 音量と静けさが比例しないことは、メータ指揮ベルリン・フィルハーモニーのブルックナー≪交響曲第8番ハ短調≫の最後、サントリーホールの大空間にあらゆる楽器が鳴り響いている中で、不思議な静けさに包まれたときにも感じた。

 あるいはこういう状況もある。簡易なコーヒーチェーン店では多くの人がパソコンを開いている。私もその一人だ。周りがうるさくても、集中していると、店に流れているロックも遠ざかってゆく。

この記事は有料記事です。

残り829文字(全文1175文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. ORICON NEWS 多部未華子、岩田剛典からサプライズ花束「うれしい!」

  3. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  4. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  5. 核兵器禁止条約発効へ ホンジュラス批准し50カ国・地域に 「核なき世界」へ一歩

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです