メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

びわ湖ホールから

トップ・プリマ、夢の企画 来月11日、自信の演目ずらり /滋賀

 進化する世界のトップ・プリマ、アリーナ・コジョカルがびわ湖ホールにやってきます。

 ルーマニア出身のアリーナ・コジョカルはその天才的なバレエセンス、自由自在の完璧なテクニック、驚異の身体バランスで、弱冠15歳で若手バレエダンサーの登竜門「ローザンヌ国際バレエコンクール」にてスカラシップ賞を受賞。その後、ウクライナの名門バレエ団、キエフ・バレエを経て、英国ロイヤル・バレエ団に入団。そこで12年間、プリンシパル(最上位の花形ダンサー)を務めました。

 そんな彼女が監督と演出を務めるバレエ公演「アリーナ・コジョカル ドリーム・プロジェクト」。その名のとおり、“夢”のような出演者と演目がそろいました。共演は自伝的映画で「異色の天才」と話題となったセルゲイ・ポルーニン、シュツットガルトバレエ団のプリンシパル、フリーデマン・フォーゲルをはじめ、国際的に活躍するバレエ界の豪華スターたち。

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文753文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. 増える経路不明「ぎりぎりの状況」 東京では感染者の半数以上 新型コロナ

  4. 飼い主から猫に新型コロナ感染 ベルギー 香港では犬の感染例

  5. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです