メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音のかなたへ

舞台の木に降り積む

神奈川県立音楽堂で=尾籠章裕撮影

 「この坂きついですよねえ」と昔、大人たちが話していた。紅葉坂というからには、かつてはモミジがたくさんあったのだろう。JR桜木町駅を降りて国道に面し右に曲がると、しゃれた広場の先にコンクリートのガード下の通路が昔のまま残されていた。かつてコンクリートの壁にはカラースプレーで落書きがいっぱい描かれ、ニューヨークの下町の雰囲気だった。信号を左に曲がると、紅葉坂。周囲は変わったが、坂の角度は変わるわけがない。子どもの時は駆け上がった。今は、かつてのお年寄りたちの言葉を思い出してしまう。坂を上った右手にコンクリートとガラスが組み合わさった古い神奈川県立音楽堂がある。ル・コルビュジエに師事して日本の建築界に新風をもたらした前川國男の設計で1954年に建てられた音楽専用ホールである。

 ジョージアの女性ピアニストのエリソ・ヴィルサラーゼのリサイタルが、神奈川県立音楽堂で行われた(1月13日)。ヴィルサラーゼを実際に聴くのは初めて。

この記事は有料記事です。

残り914文字(全文1328文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 独で歩行者に車突っ込み乳児含む5人死亡 飲酒運転の容疑者逮捕

  2. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  4. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです