メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・コンサートを読む

庄司紗矢香のシベリウス《バイオリン協奏曲》 幻想は誰のものなのか=梅津時比古

=Hikaru.☆撮影

 ピアニッシモで弦の和音が細かく刻まれると、吹き付ける雪のように聞こえる。シベリウス《バイオリン協奏曲》第1楽章冒頭のオーケストラ。わずかな間をおいて独奏バイオリンが入ってくる。その長く引き伸ばされるバイオリンの音は、多くの奏者が前奏に合わせて静謐(せいひつ)な透明感を目指す。だが、庄司紗矢香の音は透きとおっているが、血が脈打っていた。浮遊しているが、地に着いてゆく。凜(りん)としているが、なまめかしい。まるで、傷ついた白い大きな鳥が、しんしんと雪の降る原に舞い降りたよう。白い幻想は大きく跳ね、思うままに羽を伸ばしながらも、無鉄砲にならない。

 その音は孤高を象徴し、しかし雪の冷たさの中にいるとむしろ温かく感じられるように、聴く者を包み込む。白一色の中に、さまざまな色が映り込んでいる。魅入られてしまう。

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1233文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 誰にも知られず3カ月で消えた命 父不明、トイレ出産、出生届もなく…孤立した母

  4. なぜ今受ける? アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 興収100億円を最速で突破

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです