メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

びわ湖ホールから

「オペラ以外」の作品に光 ロッシーニの名作、16人合唱 28日 /滋賀

 『セビリアの理髪師』など、オペラ作曲家として有名なロッシーニ。彼の作る華やかなオペラの数々は、1800年代、ヨーロッパ中を熱狂させましたが、実はオペラの作曲は37歳の若さで引退。その後、彼はサロン音楽家として歌曲や宗教曲の作曲を手掛けていました。

 3月28日に開催する「オペラ作曲家の横顔~ロッシーニ~」は、ロッシーニの「オペラ以外」の作品に光を当てたコンサートです。美しい情景や、恋する気持ち、人生の喜び、そして信仰を歌った名曲の数々をご紹介します。

 「ヴェネツィアの競艇」「セレナータ」「乾杯」「三つの聖歌『信仰・希望・愛』」など、独唱・重唱・合唱等、さまざまな曲を演奏する前半、そして後半は宗教音楽の名作「スターバト・マーテル」(悲しみの聖母)を16人の合唱でお届けします。

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文651文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  3. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

  4. 安倍前首相公設第1秘書ら聴取 「桜を見る会」前夜祭差額補塡か 東京地検

  5. #生きるのがつらいあなたへ フリーアナ時代にストーカー被害、ネット中傷…自分の「葬式」出した僧侶・高橋美清さん

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです