メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

びわ湖ホールから

「オペラ以外」の作品に光 ロッシーニの名作、16人合唱 28日 /滋賀

 『セビリアの理髪師』など、オペラ作曲家として有名なロッシーニ。彼の作る華やかなオペラの数々は、1800年代、ヨーロッパ中を熱狂させましたが、実はオペラの作曲は37歳の若さで引退。その後、彼はサロン音楽家として歌曲や宗教曲の作曲を手掛けていました。

 3月28日に開催する「オペラ作曲家の横顔~ロッシーニ~」は、ロッシーニの「オペラ以外」の作品に光を当てたコンサートです。美しい情景や、恋する気持ち、人生の喜び、そして信仰を歌った名曲の数々をご紹介します。

 「ヴェネツィアの競艇」「セレナータ」「乾杯」「三つの聖歌『信仰・希望・愛』」など、独唱・重唱・合唱等、さまざまな曲を演奏する前半、そして後半は宗教音楽の名作「スターバト・マーテル」(悲しみの聖母)を16人の合唱でお届けします。

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文651文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです