メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・コンサートを読む

ポゴレリッチのラヴェル《夜のガスパール》 気配をすべて指に=梅津時比古

(C)MasamiIhara

 ポゴレリッチはリサイタルの開演直前まで、舞台上で静かにピアノを弾いている。聴衆が入ってきても意に介さないようだ。本人は「私服だから調律師と思われているでしょう」と言うが、今ではかなりの人が、ポゴレリッチ本人と気づいている。

 「なぜ直前まで?」と問うと、「手を慣らしているだけ」「ピアノの鍵盤は、不思議なことに前の人が弾いた指の動きを記憶している。時間をかけてそれを消し、自分の指を覚えてもらっている」「オーケストラの団員も時々直前まで舞台で弾いているじゃない? ピアニストではなぜ不思議なの?」と逆に問い返された。

 ピアノと完全に一体になろうとしているのであろうが、それだけではない気もする。おそらく舞台の上の空気、かすかに客席から来る風など、そこに流れている気配すべてを指に、そして自身の全体に染みこませようとしているのではないか、と私は想像する。なぜなら彼のリサイタルでは、そこにしかない、ほかでは起こりえない響きが聞こえてくるからである。

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文1201文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです