メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

びわ湖ホールから

クラシック音楽祭 四大テノール故郷公演 オペラからコントまで /滋賀

 4月25、26日に行われる「近江の春 びわ湖クラシック音楽祭」では、多くの一流演奏家によるさまざまな公演を開催します。そこでは、びわ湖ホール声楽アンサンブルとソロ登録メンバー、「びわ湖ホール四大テノール」などのホールから生まれた歌手たちも出演します。

 中でも、年に1度大ホール公演を行うほどの人気を誇る「びわ湖ホール四大テノール」は、びわ湖ホール声楽アンサンブルのソロ登録メンバーによって、2010年に結成されたユニットで、普段はそれぞれがオペラのソリストとして、全国で活躍しています。

 彼らのコンサートでは、それぞれがホームグラウンドのオペラ・アリアで堂々とした歌声を聴かせるほか、歌謡曲、童謡などとともに、コントなども加え、聴き手に飽きる暇を与えない趣向を次々と繰り出して観客を魅了します。

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 岩手県で初の死者確認 全国の感染者は13万5430人に 新型コロナ

  3. 「激励」より一歩踏み込む 世代交代にらみ「壁なって」 横審、両横綱に「注意」

  4. ENEOS投打かみ合う 藤井がロングリリーフ 東邦ガスは好守に阻まれ 都市対抗

  5. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです